ブログ

歯列矯正に小顔効果があるって本当?

テレビや雑誌といった多くのメディアで取り沙汰されたこともある「歯列矯正の小顔効果」ですが、歯列矯正治療を行うことによって、本当に小顔になるのでしょうか?
矯正装置

歯の矯正治療が直接小顔効果に繋がるワケではない

意外に思われるかもしれませんが、歯の矯正治療で小顔効果を得ることはできません。なぜなら、歯列矯正は歯並びを整えたり、歯の噛み合わせを改善する治療であり、小顔効果を目的とする治療ではないからです。

しかし、歯並びや噛み合わせの悪さという歯の問題が、見た目にまったく影響を与えないかと言えば一概にそうともいえません。

噛み合わせの悪さは顔を歪ませる

女性のフェイスライン
一般的に顔のつくりはシンメトリーになっているほど美しいとされますが、これは骨格も同様です。顔の歪みがあるとないとでは大きく印象が変わります。一時期、小顔矯正などが流行ったことからも女性のフェイスバランスへの関心の高さが伺えますね。

では、なぜ噛み合わせの悪さが顔を歪ませてしまうのでしょうか。歯並びが悪いと噛みしめるときに発生する負荷のバランスも悪くなってしまいます。それによって顎の筋肉のつき方がアンバランスになってしまったり、顎や頬の骨格自体を歪めてしまう恐れがあるのです。

歯並びがガタガタ、歯の高低差が大きい、歯の治療痕(詰め物)のせいでしっかり噛めない、といった問題を抱えている場合は、顔の歪みが顕著になる前に一度、矯正歯科で相談することをおすすめします。

歯ぎしりはフェイスバランスを崩す原因になる

歯ぎしりは睡眠中に起こる現象で、上下の歯をこすり合せるグラインディング、上下の歯をギューと噛みしめるクレンチング、上下の歯をカチカチと嚙みあわせるタッピングがあります。
なぜ歯ぎしりをしてしまうのか、実はその原因はまだはっきりと解明されていません。歯並びやストレス、遺伝、カフェインの摂取、喫煙、抗うつ剤の副作用などが原因ではないかとされています。

しかし、歯ぎしりは決して珍しいものではなく、人口の5~15%の人が睡眠中に行なっているというデータもあるほどです。

睡眠中に起こる歯ぎしりや食いしばりの圧力はおおよそ60キロ〜80キロといわれています。このような力で歯を擦り合わせ、食いしばるのですから、歯や顎にかかる負担は相当なものです。歯ぎしりは歯を痛めるだけでなく、顔の筋肉のつき方にも大きな影響を与えてしまいます。

歯をグッと噛み締めたときに、顎の下の筋肉、咬筋(こうきん・顔のエラ部分)が出っ張るという人は、すでに影響が出ている証かもしれません。このように歯ぎしりはエラ張りの原因となり、フェイスバランスを崩す元凶となるのです。

頬をおさえる女性

歯並びの悪さが原因で歯ぎしりが引き起こされていると考えられるものは、歯列矯正で改善する可能性があります。

また歯ぎしりと同様に、噛み癖もフェイスバランスを崩す要因になります。ものを食べるとき、左右どちらかの歯でしか食べないといった癖が付いている場合は、噛む方の顎に負担が偏るので、顎の筋肉のつき方も変わってきます。

左右で筋肉のつき方が違うと見た目にもそのバランスの悪さが反映されてしまうので、噛み癖のある人は意識して左右両方の歯で咀嚼するようにしましょう。

歯列矯正でバランスの整ったフェイスラインをつくる

前述したように、噛み合わせの悪さや歯ぎしりといった問題が、バランスの悪いフェイスラインをつくる一因になってしまいます。ではその問題をクリアにしたら、歯科矯正治療でバランスの整ったフェイスラインをつくることは可能なのでしょうか。

歯並びを整えることで顔の印象がスッキリすることも

矯正治療が直接的に小顔にする効果を発揮するわけではありませんが、歯並びを整えることによって、顔の印象をスッキリとさせる効果が期待できます。

スッキリした口元

例えば、前歯が前突している出っ歯を矯正することで口元の印象がスッキリすることも。特に、口を閉じていても歯並びの凹凸が目立ってしまうときには効果的です。

歯並びがガタガタで前歯や犬歯(いわゆる八重歯)といった、歯の一部が顎の骨より前面に出ている場合、歯並びを整えることで口元のフェイスラインをスッキリとした印象に変えることができます。

顔の下部のバランスや下膨れが気になる場合は歯列矯正で歯並びを整えることでフェイスラインがキレイになり、お悩みを解消することができるかもしれません。

親知らずを抜くことも効果アリ?

親知らずを抜くことによって小顔効果を得られるとよくいわれますが、その根拠は何なのでしょうか。
親知らずのレントゲン

「矯正治療」を行う上で抜くこともある親知らずですが、抜歯により歯を失った顎の骨は徐々に痩せていってしまいます。つまり、一番奥にある親知らずを抜くことで顎の骨が減少し、フェイスラインが細っそりとしてくるのです。親知らずを抜くことが小顔効果につながるといわれているのは、このような理由があるからでしょう。

エラ張りは歯列矯正で改善する?

エラが張っている場合「骨格自体が突出しているケース」と「咬筋と呼ばれる筋肉が発達しているケース」のふた通りに分かれます。このうち「咬筋が発達しているケース」は歯列矯正をしたことでエラ張りが目立たなく感じることもあります。

歯列矯正で歯並びと噛み合わせが改善されたことで、咀嚼(そしゃく)時の顎への過剰な負荷や歯ぎしりなどを軽減できる場合があります。顎にかかる圧力を抑えることで、筋肉の発達や張りなどを抑えられることがあるかもしれません。

すでに顎に筋肉が付いてしまってエラ張りが気になる場合は歯並びと歯ぎしり、そして咬筋のつき方などをチェックしましょう。歯列矯正で顎への負荷を軽減することで筋肉量の減少が期待できます。

歯の矯正治療で顔痩せする?

矯正治療によって顔が痩せるといった効果を得ることはできませんが、歯並びの改善や肉付きの軽減などにより、小顔になったと感じることもあるでしょう。

歯の矯正治療

また、歯列矯正中は、ワイヤーであれば歯磨きがしづらくお手入れが通常よりも大変ですし、マウスピース(インビザライン)の場合も食事の度に外さないといけません。

そのため治療中は規則的に食事をとり、歯磨きの回数をできるだけ減らすなど工夫されることも多いようです。自然と間食も減るので、結果的にダイエット効果に繋がって顔痩せするということはありえます。

歯は筋肉や皮膚に覆われ、口を閉じていれば見えない部位ですが、フェイスラインに大きな影響を与えます。もともと「歯の生え方がおかしい」場合、噛み癖歯ぎしり「あるべき位置から少しずつズレてしまう」場合は顔の歪みやフェイスバランスに影響を感じることもあるでしょう。

歯並びや歯ぎしりが気になる場合は、信頼のおける矯正歯科に一度相談してみても良いかもしれません。

葛西・西葛西エリアで歯列矯正についてのご相談・大人の歯科矯正・審美歯科なら葛西モア矯正歯科へ

葛西モア

江戸川区にある葛西モア矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が診察をいたします。

「日本矯正歯科学会」公認の認定医がいる葛西モア矯正歯科

当医院は、東京メトロ東西線の葛西駅から徒歩0分と大変便利な立地です。葛西駅へは、西葛西駅・浦安駅からわずか2分。南行徳駅も12分以内に到着するので、市川市内からの通院にとても便利です。西船橋からも乗り換えなしで15分と通いやすいため、千葉方面からも多くの方にご利用いただいております。葛西・西葛西周辺で“大人の歯科矯正”と“審美歯科治療”をお探しなら江戸川区にある「葛西モア矯正歯科」へぜひお越しください。

この記事の監修医師

葛西モア矯正歯科 院長 酒井 優真

葛西モア矯正歯科 院長

酒井 優真

Yuma Sakai

  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • インビザライン公式認定ドクター

日本全国の歯科医院で矯正治療に従事し、2,000人以上の治療を担当。2017年、葛西駅前に「葛西モア矯正歯科」を開院。

歯列矯正への心理的ハードルを下げるべく、「治療中の見た目」や「痛みの少なさ」に配慮した治療に力を入れている。


<2000症例以上の豊富な経験と高度な技術で、装置の見た目にもこだわる矯正治療を提供>

住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科