ブログ

反っ歯、ビーバー歯とは?矯正で治る?特徴やリスクを解説

ビーバーみたいな歯
「前歯が前に出ている、他の歯に比べて大きい」という悩みを抱えている方は多いものです。

上の前歯が外側へ向かって傾斜している状態は、「反っ歯」と呼ばれることがあります。また、上の前歯2本が大きく、他の歯よりも目立つ状態を指して「ビーバー歯」というようですね。

どちらも正式な名称ではありませんが、気になっている方はたくさんいらっしゃいます。

ここでは、一般にいう「反っ歯」や「ビーバー歯」について、その特徴や放置することで起こるリスク、矯正方法について詳しくご紹介します。

反っ歯とは

反っ歯
反っ歯は、「出っ歯」の別名として使われているようですが、上顎の前歯全体がほかの歯よりも突出している状態や前歯が強く傾斜して外へ突き出していることを指した俗語です。歯科的には「上顎前突」の症状になります。

反っ歯(出っ歯)の特徴

前歯が突出している反っ歯には2つのタイプがあります。

  • ・上顎だけが前に出ている出っ歯タイプ
  • ・下顎も前に出ている口ゴボタイプ

2種類の反っ歯についてそれぞれの特徴をみていきましょう。

反っ歯(出っ歯)

真横から口元を見たときに、上の歯と下の歯の隙間がどれくらい空いているか確認してみましょう。5mm以上の隙間が確認できる場合、反っ歯・出っ歯の可能性が高くなります。

口ゴボ

口ゴボは、正式な名称ではありません。症状でいうなら「上下顎前突」の状態です。明確な定義はありませんが、鼻先から顎先を結んだ線(Eライン)を上下の口唇が前方に位置する場合に口ゴボとされることが多いようです。

反っ歯(出っ歯)を放置するリスク

上顎が前に出ている反っ歯・出っ歯は、見た目以外にもさまざまなデメリットがあります。放置することで生じるリスクについて、ご説明します。

前歯で嚙み切れないので、消化器官に負担がかかる

前歯がでていると、食べ物が上手に嚙み切れないことがあります。上の前歯は、下の前歯よりも少し手前にあり、両方の奥歯で噛んだ時に重なる状態が理想とされています。

前歯で食べ物を十分に噛み切れず、飲み込んでしまうことが多いと、消化器官に負担がかかってしまいます。

口呼吸で虫歯や歯周病のリスクがあがる

歯が前に出ていると、口が開きやすく虫歯や歯周病のリスクがあがります。口腔内が乾燥すると唾液による思考や食べかすを洗い流す効果が薄れ、細菌が繁殖しやすくなるのです。

また、虫歯や歯周病は、口臭のもとにもなります。

前歯がぶつかってけがをしやすくなる

上顎の歯が前に出ている状態は、転んだりぶつかったりしたときにケガをするリスクが上がってしまいます。前歯で唇を切ってしまったり、歯が折れてしまったりする危険性があります。

反っ歯(出っ歯)の矯正方法

反っ歯の矯正方法は、ワイヤー矯正とマウスピース矯正などがあります。それぞれの概要や注意点をご説明します。

表側矯正(ワイヤー矯正)

ラビアル矯正とも呼ばれる、歯の表側に装着する矯正装置です。目立たない白いタイプのワイヤーや装置もあります。ワイヤーの隙間に食べ物のカスがたまりやすいため、入念な歯磨きが必要です。

裏側矯正(ワイヤー矯正)

舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれる、歯の裏側に装着する矯正装置です。裏側のため目立たないため、審美的にもメリットがあります。目に見えにくい裏側の歯磨きは、表側よりもさらに念入りにおこなう必要があります。

マウスピース矯正(インビザライン)

アライナーといわれる透明のマウスピースを装着して、歯並びを整える矯正方法です。着脱が可能なため、ワイヤータイプと比べると歯磨きの手間が減ります。しかし、使用時間を守らずに長時間外したままにしておくと治療期間が延びる可能性があります。

反っ歯(出っ歯)の矯正費用

矯正費用は、「初診相談料」「検査診断料」「矯正治療費」「装置・ワイヤー調整料」が含まれます。自由診療である矯正の費用は、医院によって異なります。おおよその総額は表側矯正で60万~90万、裏側矯正で90万~120万円、インビザラインで40万~90万円くらいでしょう。

※矯正費用についての詳細は以下のページご確認ください
葛西モア矯正歯科・料金一覧

※矯正治療の医療費控除について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください
歯科矯正の値段はいくらかかる?保険適用・医療費控除できる?

ビーバー歯とは?

ビーバー歯は、ビーバーのように前歯が2本だけ大きく目立っている状態のことをさす俗語です。前歯が大きいことだけでは不正咬合にあたりませんが、どうしても目立ってしまうため気にされる方も多いようです。

ビーバー歯の特徴、出っ歯との違いとは

ビーバー歯の特徴は、前歯の歯が2本だけ大きいこと。前歯全体が突出している出っ歯とは異なり、前歯2本だけが大きい状態を指すようです。

また、前歯の大きさは標準でも、顎が小さく前歯以外の歯が奥にあると、相対的に前歯の大きさが目立ってしまいます。

ビーバー歯はかわいい? 放置するリスクは?

かわいいビーバー歯
小動物のような見た目がかわいいため、チャームポイントと捉えらえることも多いビーバー歯。しかしかみ合わせに支障が出るほど目立っている場合は、そのままにしておくと、さまざまなリスクがあります。

見た目がコンプレックスにつながるケースも

前歯は、口を開けたり笑ったりすると必ず見える部分です。そのため、ビーバーのような個性的な前歯をコンプレックスに感じてしまう方も少なくありません。

お子様の場合、歯並びが悪くなる元に

顎が小さく歯の並ぶスペースが足りないと、前歯以外の歯が後ろに引っ込んでしまい、歯並びが悪くなるケースがあります。

虫歯や歯周病のリスクが上がる

前歯2本以外が奥まっているタイプのビーバー歯は、歯の凹凸部分にうまく歯ブラシが当たらず、磨き残しの傾向が高くなります。そのため、汚れが残りやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまうのです。

ビーバー歯の矯正方法

「前歯2本が大きい」のか、「他の歯が奥にあるため相対的に大きく見える」のかによって矯正方法が異なります。

前歯2本が平均よりも大きい場合、歯を削るストリッピングをおこなう必要があります。ストリッピングとは別名IPR(interproximal enamel reduction)とも呼ばれる治療です。歯の側面をわずかに削ることで、歯並びのバランスを整えます。

歯を削るというと少し心配になる方がいらっしゃるかも知れませんが、歯は一般的にエナメル質の半分までは削れるものです。日本人の場合、0.5mm程度は削っても問題はないとされています。

歯を削ってできた隙間を埋めるための矯正治療もあわせておこなう必要があります。

他の歯が奥まっていて相対的に歯が大きく見える前歯の場合は、歯並びを整える矯正治療が必要です。反っ歯・出っ歯と同じく、表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正の3種類の方法で治療できます。

ビーバー歯の矯正費用

絶対的に大きい前歯を削る場合の費用は医院によって異なります。歯を削ってできた隙間を埋める矯正費用に、ストリッピングの費用も含まれている場合がほとんどです。

ビーバー歯の矯正費用も、反っ歯・出っ歯の場合と同じく、「初診相談料」「検査診断料」「矯正治療費」「装置・ワイヤー調整料」などが含まれます。表側矯正で60万~90万、裏側強制で90万~120万円、インビザラインで40万~90万円くらいでしょう。

反っ歯、ビーバー歯が気になるなら矯正歯科に相談を

歯並びが気になる大人の女性
反っ歯やビーバー歯は、前歯が目立ちやすく審美的に気にされる方も多いものです。

見た目だけでなく、虫歯、歯周病のリスクがあがる、歯並びが悪くなるなど、放置していると歯や歯ぐきの負担になることもあります。気になる場合は矯正歯科に相談してみましょう。

反っ歯やビーバー歯の矯正方法は、ワイヤー矯正かマウスピース矯正が一般的ですが、前歯が大きいビーバー歯の場合は、歯を削る矯正が必要になる場合もあります。健康な歯を削る治療にはリスクもありますので、しっかりと診断してもらい、説明を受けることが大切です。

まずは、矯正歯科専門医にご相談ください。

この記事の監修医師

葛西モア矯正歯科 院長 酒井 優真

葛西モア矯正歯科 院長

酒井 優真

Yuma Sakai

  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • インビザライン公式認定ドクター

日本全国の歯科医院で矯正治療に従事し、2,000人以上の治療を担当。2017年、葛西駅前に「葛西モア矯正歯科」を開院。

歯列矯正への心理的ハードルを下げるべく、「治療中の見た目」や「痛みの少なさ」に配慮した治療に力を入れている。


<2000症例以上の豊富な経験と高度な技術で、装置の見た目にもこだわる矯正治療を提供>

住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科